トップページ 地酒 焼酎 泡盛 新着情報 ギフト 食品 店舗案内 趣味のページ リンク ご注文


<<<釣行日記>>>

2004

釣果



2003 12月3日

横浜国際埠頭の夜釣り。
いやぁ〜釣れちゃいましたよ、スズキが。

赤色の電気浮きがゆっくりと沈んだ、次の瞬間
浮き釣では今まで味わった事のない凄い引きが。

ラインを引き出し左右に走り、やりとり15分間
やっと魚を浮かすとデカイ、焦りながらどうにか
こうにか網に入れ、あらためて近くで見ると
シャケみたいなスズキ、嬉しさがこみ上げて
きました。

これだから釣は、楽しい辞められない!。





このガケを上り下りするんです こんなのがいっぱい居るみたい 釣れそうなんだけど・・・
 2003 10月15日

東伊豆稲取・黒根の磯。
ウワサでこの磯は、秋口から石鯛が良く釣れるらしい?。

前日の天気予報どおり、北東の風が強く吹いていたので、西側の磯で釣る事にしました。
が・・・・。そこには大きな問題が一つ。
磯場までは、ロープを使って降りなければならない、危険な場所なんです。
高い所には人一倍弱く、イクジがないんで足は震えるは、体はガチガチになるは、「どうしよう・・・」。
手は汗でビッショリ、息も荒く、やっとの思いで磯に降りることが出来たんですが、気力・体力を使い
果してしまった様な感じ。

降りてしまえば快適な磯です、潮の流れも沖から足元にいい感じで流れ、釣れそォ〜、な予感!!。
時々、石鯛らしき良いアタリはあるものの、何時もの事で魚に見放され、今回も石鯛は釣ない。
このままでは石鯛釣りのシーズンが終わってしまう。
一番いい釣期なのに。




この日の釣果べラのひらき エサのガンガゼ
このとげに刺されると
涙が出るくらい痛い。
いい雰囲気の磯なんですけど
 2003 10月8日

久しぶりの釣行です、西伊豆雲見の沖トンビ(磯の名前)この磯は、地磯なんですけど、途中には
大きなテトラポットが在り、地元の人や、高い所が平気な人は、手軽に行き来出る磯なんです。
しかし、このテトラポットが大きくて、高くて怖いんですぅ〜。
高い所には、めっぽう弱くいくじが無いもんで、港からゴムボートで磯に渡りました。

この磯は、足場も良く水深もある為、いかにも魚がいそうなんですけどねぇ・・・・・。

結局釣れたのは、一日がんばって35cm名前も解らないベラ1匹、逃がそうか迷ったんだけど
ちょっと食べてみたかったんで、海水で洗い、ひらきにして、磯で1日ほして持って帰りました。

後日焼いて食べたんですがね、旨い、というより、味が無い。





 2003 7月23日

今日は大型釣具店のバーゲンで迷いに迷って
買ったゴムボートの進水式。

しかしこの日は少しウネリがあり危険なもんで、港からすぐの
磯にボートで渡っての釣果。

小さな小さな石垣鯛、始めての磯で釣れたんで嬉しいですゥ〜。

魚を大きく見せようとしてる持ち方が・・・・。
今晩の釣行反省会?。 

酒の肴はマグロとイシガキダイの刺身で酒は、常山特別純米原酒!。
イシガキダイの繊細な白身の味を邪魔をしないで
マグロの脂に負けないしっかりとした味のある酒、
相性はバッチリ。






 2003 6月25日

来ターッ。今年第一号
クッ・ググ・ギューッ 三段引き、何度か根に道糸が触れ
ハラハラしながら取り込んだイシダイ。

自慢出来る大きさじゃないんですけど・・・ウレシイ!
イシダイの皮を炭火で焼くんです。
焼きあがったらわさび醤油で食べるんですけどね。
うなぎの蒲焼よりも油が乗っていて一度食べたらヤミツキに
なっちゃいますよ。

今回の酒は、当店オリジナル根知男山特別本醸造(吟醸)原酒
味の濃いつまみには、絶対このお酒はおすすめ!




 2003 6月15日

チョツト早い海水浴?
ウエットスーツを着てるけど
曇り空、ヤッパリまだ
寒かったァ〜。

ユデダコと純吟雑賀。
  これがまた旨い!



 2003 6月5日

コツン・コツン!またメバルのあたり?・・・・。
次の瞬間、凄い引きで糸を引っ張り出していったんですよ。
今までこんなに引く黒鯛無かったから大き目のフッコ?・・・ 
だと,思っていたんだけど、海面から現れたのは・・・
自己記録更新の49,5cm黒鯛が釣れちゃった!
後日、釣り仲間を集め黒鯛・フッコの刺身をつまみに
釣ったときの自慢話を長々聞かせ、旨い魚と旨い酒で。
釣りバカが幸福の時を過ごしました。

白身魚の刺身にはキリッと冷やした東北泉特別純米酒。
たんぱくな刺身をこの酒が、魚の旨みを引き出してくれる様な感じです。



  2003  5月29日

今回は、渡船で田子(西伊豆)の沖磯に渡りチョット贅沢なイシダイ釣り。
前夜に自宅を出発、現地には午前2時前に到着、仮眠を取る。
朝目を覚ますと、ほかにお客はいない様子。 
少しすると船長が現れ、「今日は貸切好きな所に乗れるよ」との言。
前から上がりたかった「シオチネ」と告げる。舟は約5分で磯に到着。
急いで仕掛を作り第一投。
しかし潮の流れはない・・・。そのうち流れると思い気長に待ちつづけること
3時間、やっと下り潮が入って来た。と同時に竿先が水面に突き刺さる!
ついに来た。合わせもバッチリ魚も付いてる・・・ん?・・・???
なんか変・ひかね〜。
上がって来たのは、ウツボ・・・。それからウツボの入れ食いがつづき、
結局2時に迎えの舟が来て磯上がり。

う〜ん、どうも悔しい納得出来ない、帰るのはまだ早いしなぁ〜。
エサも少し残ってる。
ここからなら前回の釣り場まではそう遠く無い。よし行くぞ。車を走らせ
山を登り磯に着いたのは午後3時。いい感じで下り潮が流れてる。
期待をこめて第二ランド開始・・・・・・。
結局夕方6時過ぎまで釣りしたが釣れない時は何処に行っても
何をしても釣れない。帰りに野生のアシタバを
お土産に摘んで釣り場を跡にした。

アシタバの天ぷらは塩をふりレモン汁を2〜3滴ほのかな苦味で
  ビールとの相性はバツグン!。
  ビールは八海山泉ビールの(バイッェン)が絶対オススメ。
シオチネの磯
アシタバ



  2003  5月7日

今年最初のイシダイ釣りの場所は西伊豆の地磯。
ここでは過去何度もいい思いをしている好きな磯の一つで、年3〜4回は
足を運ぶ所です。
しかし今回は写真で見ても分かる様にまるで湖の様でした、
それに加え潮はまったく動かない悪条件が重なり朝5:00〜夕方5:30まで
12時間以上も磯に居たのに魚は釣れづ釣果はありませんでした。
次回は魚の写真を・・・・。